2007年12月08日

日々の買い物を通じてフードマイレージを減らす。

高度経済成長期の1960年代より、全国に高速道路網が張り巡らされ、遠くの産地の食材が食卓に届けられるようになりました。また「輸入の自由化」によって食材の輸入が増加し、食生活が多様になりました。

その結果として輸送エネルギーが増え「フードマイレージ(輸送距離×重量)」が世界一になったのです。

ライフスタイルの変化は「買物」も変化させます。近くのお店や商店街への「徒歩・自転車」から郊外大型店への「自動車」と交通手段が変わり、日常生活で自動車を使うことが増え、環境に負担をかけています。

食と交通と環境は、日々の買物でつながっています。言い換えれば、日々の買物を通じて、フードマイレージを減らすことができるのです。

まずは、普段の生活で、どれぐらい環境への負担をかけているかを知ることが第一歩です。

それを学ぶための学習プログラムの一にフードマイレージ買物ゲームなるものがあるそうです。

フードマイレージを学ぶことをきっかけに、環境にやさしい暮らし方を一緒に考えてみるといいかもしれませんね。
posted by マイフー at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71537644

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。