2007年12月08日

フードマイレージとは?

フードマイレージ(food mileage)は、「食料の(=food)輸送距離(=mileage)」という意味です。重量×距離(たとえばトン・キロメートル)であらわされます。食品の生産地と消費地が近ければフードマイレージは小さくなり、遠くから食料を運んでくると大きくなります。

1994年にイギリスの消費者運動家のティム・ラング Tim Lang 氏が提唱した概念です。日本では、農林水産省農林水産政策研究所(所長・篠原孝=当時)によって2001年に初めて導入されました。

基本的には「食料品は地産地消(生産地と消費地が近いこと)が望ましい」という考え方に基づきます。

生産地と消費地が遠くなると輸送にかかわるエネルギーがより多く必要になり、地球環境に大きな負荷をかけることになります。

農林水産省の2001年の試算によると、日本のフードマイレージは、総量では世界中で群を抜いて大きく、国民一人当たりでも一位となっています。これについて農水省幹部は「現代の日本人が歴史上のどの時代における、どの国の王侯貴族よりも贅沢な食事をしていることになっている」と解説しています。

以下は各国のフードマイレージの数値です。
国 名    総 量        国民一人当たり
日 本    9002億800万    7093
韓 国    3171億6900万    6637
アメリカ   2958億2100万    1051
イギリス   1879億8600万    3195
ドイツ    1717億5100万    2090
フランス   1044億700万    1738
※単位:トン×キロメートル

食料自給率の低さとともに、フードマイレージの大きさも、日本の食の問題の病理性を強く示唆する数値であると言えます。
改善のためには、食糧自給率を高め、食料の生産地と消費地を近くしなければなりません。
posted by マイフー at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。